ショッピング

ハレイワのスヌーピーショップをレポート!値段は?【Tシャツ、トートバッグ、帽子など】

【無料メルマガ講座】子ども4人を連れてハワイへ旅行できている理由はこちら

どうも、子ども4人を連れて自由に旅行するシリュタビ管理人のシリュウです。

今回はハワイ旅行記8泊10日の3日目に行ったハレイワのスヌーピーサーファーショップを行ってきたのでレポートして行きます。ちなみに、ここまでの道のりは過去の記事で書いているので見ておいてくださいね♪

ジョバンニ ハワイのガーリックシュリンプメニューを3種類制覇!【クレジットカードは不可】今回はハワイでも人気No.1と言われているジョバンニのガーリックシュリンプでメインとして用意されている3種類を制覇してきた内容を元にレポートしていきます。ジョバンニで食べる際の注意点などもシェアしているので、ぜひ参考にしてくださいね♪...
【レインボー】シェイブアイスをハワイで食べるならハレイワのマツモトシェイブアイスがおすすめ!ハワイのローカルフードで有名なものの一つといえば「シェイブアイス」。このシェイブアイスをワイキキなどのありきたりな場所ではなくノースショアのワイケレにあるモヤさまでも紹介されて有名な「マツモトシェイブアイス」へ行ってきたのでご紹介していきます。...

そして、このスヌーピショップでは私たちは特に何も購入しなかったんですが、売られている商品の撮影や値段なども乗っていたのでまとめておきます!

ハレイワのスヌーピーショップで売られている商品のまとめ【Tシャツ、トートバッグなどの値段】

ハレイワのスヌーピーショップの正式な店舗名は「スヌーピーズ・サーフショップ」らしく名前の通りでサーファーが利用するアイテムも実際に販売されていたりします。

こんな感じでサーフボードも展示されています。(SOLDなので売り切れかな?)

ちなみに、このスヌーピーショップですがお値段の表示がものすごく控えめで探さないと見つからない場合もあります。

なので、サーフボードはパッと見じゃお値段が分からないので、きっと裏側にあるのか。もしくは手書きで書かれている「SOLD」が無くなったら値段が貼られるのかもしれませんね。

可愛らしいスヌーピーの看板とともに販売されている缶バッチらしきもの。

缶バッチの各種サイズのお値段

XS:SOLD OUT(売り切れ)

SM:2ドル

MED:SOLD OUT(売り切れ)

LG:4ドル

そして、スヌーピーの主人公である「チャーリ・ブラウン」くんがデザインされたキーチェーンやスヌーピーがデザインされたキーチェーンも並んでいました。

各種キーチェーンのお値段

Charlie Brown (チャーリー・ブラウン):5ドル

Snoopy Shape:4ドル

Hotel KeyChain:4ドル

さらに、チャーリー・ブラウンくんやスヌーピーがデザインされたステッカーも販売。

各種ステッカーのお値段

Joe Surfer:1.5ドル

Charlie Brown:3ドル

Snoopy Shape:3ドル

Main Mark:3ドル

Welcome To Hareiwa:3ドル

※キーチェーンではスヌーピーよりもチャーリ・ブラウンの方が1ドル高いのにステッカーになると値段の差がなくなるんですねw

みんな大好き(?)スヌーピーのTシャツも販売。しかし、お値段のタグが見えないのでお値段が分からない・・・。今度、行った時はお値段も調べておきます!

HAREIWA HAWAIIと書かれたスヌーピのトートバッグのお値段は、35ドルで販売。

こちらはスヌーピーのタオル。お値段は10ドルでした。

スヌーピーの色とりどりの帽子も販売。お値段はタグが見えないので不明。またハレイワに行った時は調べておきます!

ハレイワスヌーピーショップは看板も可愛いのが多い

ハレイワのスヌーピショップでは可愛い装飾や看板が多いので子どもたちを立たせて記念撮影。

そのほかにも手書きで書かれた看板などもありました。

このようにお店の外の看板だけじゃなくて商品を展示する所にも可愛い看板があったりします。

ハレイワスヌーピーショップの行き方は簡単?

ワイキキからハレイワまでの行き方については過去記事でThe Bus(ザ・バス)を使った行き方を見ておいてください。

【子ども4人連れ家族6人】ワイキキからハレイワへのザ・バス旅【片道2時間以上】ワイキキからノースショアのワイケレまでの移動手段としてハワイのローカルバスであるThe Bus(ザ・バス)がありますが。この移動手段は一番安く行ける方法なんですよね。そこで、子ども4人を連れて2時間以上のバス移動でも無事にワイケレへ行けるのか?をレポートしてみました。ご参考までに。...

そして、ハレイワまで行くことができれば同じ道沿いにたくさんのショップが立ち並んでいるのでスヌーピーショップへの行き方は非常に簡単です。

これについては、またまた素晴らしいハレイワのMAPを作っていただいた方が居たのでお借りしてきました。

参考元記事:https://www.nakutemo-hawaii.com/haleiwatown-2/#snoopy

このMAPを見ても分かる通りハレイワでは本当に1本の道沿いにたくさんのお店が立ち並んでいるので見つけるのが非常に簡単ですw

ただ道沿いをぶらぶらーと歩くだけでも色んなお店を散策することができますが、スヌーピーショップに関しては先ほどのMAPで言うと「15番のスヌーピーズ・サーフショップ」が今回の記事で紹介しているショップになります。

ワイキキからThe・Bus(ザ・バス)で来たのであれば「10番のWow Wowレモネード」あたりのバス停で降りて左側の歩行者道路を真っ直ぐ進めばたどり着くことができます。

今回のまとめ

さて、今回はハレイワにあるスヌーピーショップへと行ってきたお話をしましたが、どうでしたか?

我が家では、そこまでスヌーピーにこだわりがないので何も購入することはありませんでしたが、それぞれのグッズにはご当地限定の「HAREIWA HAWAII」と大きくデザインされたものが多く。

缶バッチやキーチェーン、ステッカーなどであれば1ドルから5ドルほどで購入することができるので思い出に残したり、日本に帰った時のお土産で細かくばらまくためにも重宝するグッズが多くありました。

中には、サーフボードなども販売していましたが、日本人が購入したら郵送してくれるんですかね?w

このスヌーピーショップは2018年7月にオープンしたばかりで、まだまだ知られていませんが。ぜひ、ハレイワに行った際は行ってみて、ばらまき用のお土産を買うのもいいかと思います!

では、次回からもハレイワで行ってきたスポットの紹介を子どもたちとの写真を交えていきますのでご参考までに。

ハレイワのアリイビーチパークへ!波が高すぎて子連れで海水浴はムリ。ウミガメも見れずハレイワのアリイビーチパークへ行ってきました!とても綺麗で美しいビーチでしたが小さな子どもたちを連れて海水浴ができそうなのかか?そして、簡単にウミガメに出会うことができるのか?参考にしてもらえればと思います^^...

また!

【無料メルマガ講座】子ども4人を連れてハワイへ旅行できている理由はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ ハワイ旅行が半額以下になる理由とは? /
無料メルマガ講座はコチラ
\ え?ハワイ旅行が半額以下に? /
無料メルマガ講座はコチラ