ハワイ

子連れでも行ける!ハレイワの観光でおすすめ5選【ビーチ、かき氷、シュリンプなど】

【無料メルマガ講座】子ども4人を連れてハワイへ旅行できている理由はこちら

どうも、子ども4人を連れて旅行するシリュタビの管理人、シリュウです。

今回はハワイ旅行記8泊10日の3日目に行ったハワイの北側、ノースショアにあるハレイワという観光スポットへとThe Bus(ザ・バス)で行ってきたので、おすすめなスポット5選をご紹介しておきます。

朝から子ども4人を連れてワイキキからハレイワに行ったので、かなり動きづらくて周るのが大変でしたが、今回ご紹介するスポットくらいは行っておいた方が良いので、ぜひ参考にしてくださいね!

では、始めます。

【おすすめスポット1】ハレイワといえば「ガーリックシュリンプ」!必ず食べるべし

ハレイワといえば、そしてハワイといえば有名なローカルフードが「ガーリックシュリンプ」。我が家では、このガーリックシュリンプが恋しくてコストコでガーリックシュリンプの素を購入して、コストコの巨大なエビを使って調理しちゃうほど大好きなハワイの名物です。

前回の記事でも紹介したんですが。

ジョバンニ ハワイのガーリックシュリンプメニューを3種類制覇!【クレジットカードは不可】今回はハワイでも人気No.1と言われているジョバンニのガーリックシュリンプでメインとして用意されている3種類を制覇してきた内容を元にレポートしていきます。ジョバンニで食べる際の注意点などもシェアしているので、ぜひ参考にしてくださいね♪...

私たちが今回のハワイ旅行で行ったガーリックシュリンプの専門店は、ハワイの中でもNo.1の人気を誇るジョバンニでした。我が家では家族6人(生後10ヶ月の次女ちゃんは離乳食&お昼寝)でしたが、ジョバンニに売られているメインのガーリックシュリンプを全種類制覇!

妻ちゃんが買いに行ってくれたので、どれがどの味だったか忘れましたがwとにかくジョバンニのガーリックシュリンプは美味しかったです。

ジョバンニは屋外にフードコートみたいな感じでベンチなどが用意されていて、ジョバンニ以外にも店舗がいくつか出店されていたりするのでガーリックシュリンプ以外にもパスタなども食べることが出来るのでお昼ご飯におすすめなスポット。

こんな感じでベンチがいくつか用意されていて意外とたくさん座れて回転も早かったです。ただ、ジョバンニは人気No.1のお店なので待ち時間が1時間ほどありましたけどね、、、

その注文するのを待っている間に空いた席を取っていくイメージですね。

ただ、この周辺には野良ニワがたくさんいたり、ハエが多かったりするので衛生的なことを記にする人には厳しいかもしれませんねw

【おすすめスポット2】ハワイのかき氷と言えばシェイブアイス

ハワイでは結構有名なローカルフードなのがかき氷と似た「シェイブアイス」。味は何種類も用意されていて、本当に色とりどりでシェイブアイスを食べることができます。

今回は、注文したいレインボーを注文しましたが、他にも一色だけとか、二色とかもちゃんと選べます。あと1つが大きいのでみんなで1つあれば十分なほどなので、ボリュームもあって大満足なデザートでした。

また、ハレイワにはマツモトシェイブアイスがテレビ番組「モヤさま」で紹介されたこともあって、いつも長蛇の列で大人気なんですが、その向かい側にも「アオキシェイブアイス」というお店もあるのでおすすめ!

ぜひ、ハレイワに行った際には、ガーリックシュリンプはランチで食べて、デザートでシェイブアイスを堪能しましょう。

【レインボー】シェイブアイスをハワイで食べるならハレイワのマツモトシェイブアイスがおすすめ!ハワイのローカルフードで有名なものの一つといえば「シェイブアイス」。このシェイブアイスをワイキキなどのありきたりな場所ではなくノースショアのワイケレにあるモヤさまでも紹介されて有名な「マツモトシェイブアイス」へ行ってきたのでご紹介していきます。...

【おすすめスポット3】スヌーピー好きならここ。バラマキお土産にも最適ですよ

ハワイって物価も高いので、お土産を用意しようと思うと1つ1つが高い。ってことで、ハワイで有名なバラマキ用のチョコレートとか買ってしまいがちですが、そこを少しでも差別化できるポイントとして便利なのがハレイワのスヌーピーショップ。

スヌーピーのキャラクターたちがデザインされた可愛いステッカーやキーチェーンなどが4ドルとか5ドルで買えたり。ステッカーになると1つ1.5ドルで買えたりしちゃうので、お土産に困った時にも使えます。

デザインには「Hareiwa Hawaii」などの文字がデザインされているので他のお土産と1つ違っている感を出せるのでおすすめですw

もちろん、自分用のお土産にTシャツや、サーファーならサーフボードも売ってたりするのでご安心を。

ハレイワのスヌーピーショップをレポート!値段は?【Tシャツ、トートバッグ、帽子など】ハレイワに2018年7月にオープンしたばかりのスヌーピーショップに行きTシャツ、トートバッグ、キーチェーン、ステッカー、缶バッチなどの写真やお値段なども調べてきたのでシェアしておきます!1ドルから5ドル前後で細かい商品が多いのでお土産をばらまく時に重宝しそうなものが多くありました♪ご参考までに。...

【おすすめスポット4】ハワイといえばビーチ。ハレイワにも綺麗なビーチありました!

そして、ハワイといえば何と言ってもビーチですよね?普段はハワイのワイキキあたりのビーチが多いんですが、ハレイワでは北側のビーチを楽しむことができます。

とても綺麗で美しいビーチでした!でも、1つ難点が。波がかなり激しくて子ども連れには入るのは厳しいかもしれませんw

ハレイワのビーチは、周りのショップでもサーファーグッズがたくさん売られているだけあって、やはり「サーファー御用達」のビーチ。なので波も結構強いです。

でも、観るだけでも全然綺麗ですし、夕日が映ったハレイワのビーチも波が穏やかで綺麗なビーチが観れるのでおすすめです。

あ、運が良ければウミガメさんも見れたりするので、ぜひチャレンジを!

ハレイワのアリイビーチパークへ!波が高すぎて子連れで海水浴はムリ。ウミガメも見れずハレイワのアリイビーチパークへ行ってきました!とても綺麗で美しいビーチでしたが小さな子どもたちを連れて海水浴ができそうなのかか?そして、簡単にウミガメに出会うことができるのか?参考にしてもらえればと思います^^...

【おすすめスポット5】芸能人がインスタに載せて有名になった「天使の羽」撮影スポット

芸能人でも有名な「藤田ニコル」さんがインスタにアップしたり、その他の有名な芸能人がこぞって撮影してインスタにあげたことで有名になったハレイワの「天使の羽」と一緒に撮影できるスポットです。

私もこんな感じでふざけた格好でパシャりとしてまいりました。また妻に怒られる・・・。

ちなみに、このお店でもシェイブアイスが食べれたりするので、マツモトシェイブアイス、アオキシェイブアイスからのー!ここのシェイブアイスも食べれば一気にハレイワで食べれるシェイブアイスを制覇できるかもしれません。お腹ピーピーになるかもしれませんがw

あと、ハレイワの「天使の羽」撮影スポット以外にもワイキキで撮影できる「天使の羽」もあったので、そちらも合わせて行ってみるといいですね^^

その辺りのこちらの記事で紹介しているので、ぜひご参考までに。

ハレイワのインスタ映えスポット「天使の羽」で撮影!実は他にもある?!今回はハレイワのインスタ映えスポットである「天使の羽」で子どもたち4人を連れて全員で「天使の羽」と一緒に撮影してきた様子や、意外と見つけるのに迷ってしまう「天使の羽」が撮影できる具体的な場所。そして、ハレイワ以外でもワイキキで「天使の羽」が撮影できるスポットについて書いたので参考にしてくださいね^^...

ハレイワ観光おすすめスポット5選のまとめ

さて、子ども4人で家族6人という、なかなかの動き辛い状況でもハレイワの観光スポットを色々と頑張って周ってきましたがどうでしたか?

今回、紹介した観光スポットは正直、どれも行って欲しいレベルなんですが。やはり、個人的には食べることが大好きなので「ガーリックシュリンプ」は外せない項目だと感じています。

お昼時になると、もう1時間待ちなんて当たり前の長蛇の列になっちゃうんで。狙うのであればお昼時を避けて行くことをおすすめします。でも、長蛇の列に並んで食べても不満がないほどに美味しかったですよ♪

カラが付いてるので手が汚れて大変でしたがw

そして、ハワイといえば色んな場所で売られている「シェイブアイス」。これも初めて食べたのがハレイワでしたが「レインボー」で色が綺麗で鮮やかでした。

またハワイに行った時はワイキキ周辺のシェイブアイスや、各地のシェイブアイスを制覇してレポートしたいくらいですね^^

そして、基本のんびりしていたい私としてはビーチをずっと眺めるか、寝転がっていたいタイプなのでハレイワのビーチも綺麗でおすすめです。さすがにアウラニリゾートのビーチに比べると負けちゃいますが、ハレイワはハレイワで綺麗なビーチだったのでおすすめ。

子ども連れだと本当に動きつらくて大変ですし、ちゃんと歩いてくれなったらイライラしがちですが。まぁ、ハレイワであれば3つくらいの観光スポットに行けたら良いなくらいで気楽な気持ちで観光するようにしましょう!

グルグルとバスが周ってくれますが、ベビーカーなどがあったら気軽にバスも乗れませんからね。結局は、歩くことになります。

せっかくのハワイであり、ハレイワですから。のんびり観光していきましょう!

今回はこれで。

また!

【無料メルマガ講座】子ども4人を連れてハワイへ旅行できている理由はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です